許認可申請とは?

新たに事業を始める場合やさらに新たな分野に進出しようとする場合、事業に関する許可や届出、登録などが必要となる場合があります。
こうした許認可は、実際に事業を始めるまでに取れば良いのですが、特に会社を設立する時には、あらかじめ許認可の条件を考えておくことも大切です。

例えば、会社の定款に特定の事業名が書かれていない、あるいは取締役に特定の業務経験を有する人がいないと許認可が下りない場合があり、会社設立後に許認可を取ろうとして定款や役員を変更しなければならなくなって、時間や費用を無駄にしてしまうこともあります。もちろん、無免許・無認可での営業は、営業停止命令や刑事罰を受ける可能性もあります。

こうした許認可申請は基本的にはご自分でできるのですが、多くの場合、多数の複雑な書類や資料を作成・提出する必要があり、手間や時間がかかるものです。
また、中には定期的な更新手続きや報告が必要で、管理が負担となるものもあります。

○業務の例

・有料老人ホーム業届出、介護サービス事業関連許可申請、社会福祉法人認可申請
・一般労働者派遣事業許可申請、特定労働者派遣事業届出
・有料職業紹介事業許可申請
・古物営業許可申請、古物商許可申請
・自動車運転代行業申請 など

今すぐ専門家を探す

許認可申請に強い専門家をPICK UP!!

許認可申請に強い専門家を「許認可申請専門ガイド」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 はんこ Q&A QRコード